【最高かよ】JALサクララウンジ スカイビュー/羽田国際線

先日、ツイッターでつぶやきました羽田国際線 2019年10月29日にリニューアルしたJALサクララウンジ・スカイビューは「最高かよ!」ってリアルで呟いちゃうくらい良かったです。

何が最高って、ファーストクラス仕様なので私の様なビジネスクラス利用者は得するラウンジだったからです。

場所・利用資格

2019年12月末時点で羽田空港国際線のJALラウンジで稼働しているのは下記赤文字の3つ。

本館4Fのファーストクラスラウンジとサクララウンジが工事により閉鎖中。
今回の「サクララウンジ スカイビュー」は閉鎖中のファーストクラスラウンジの代替としての位置付けでもある為、内容はファーストクラス仕様となっています。

JAL SKY SUITE

出国審査後、左へまっすぐサテライトの方に歩いて左側の5Fにあります。(向かいにBOOK & DRUGショップ)

「サクララウンジ スカイビュー」の利用資格は下記の通りファーストクラス、ダイアモンド、JGCプレミア、oneworldエメラルド、そして、ビジネスクラスの方も利用できます。

レイアウト・デザイン

スカイビューは、下記のレイアウト図の様に
 ①ダイニングエリア
 ②ラウンジエリア(中央、ビューラウンジ)
 ③ラウンジエリア(左側、バーラウンジ)
の3つ。

JAL SKY SUITE

ダイニングエリア

主に料理やお酒などが置かれた主に食事を楽しめるエリアですが、デザインに大きな特長は無いかも。(料理、お酒の内容は後ほど)
午前中はブラインドを下ろされていたのがちょっと残念。

ラウンジエリア(中央のビューラウンジ)

ここの特長はウィンドウ沿いの広範囲にずらっと配置されている席が圧巻!
こちらのエリアにもカフェやソフトドリンク、お酒が配置されていました。

飛行機を間近で眺めながら食事、お酒が楽しめます。

ラウンジエリア(左側のバーラウンジ)

非常にシックで落ち着いたデザインが特徴的なエリア。
主にお酒を楽しむバーラウンジの様なデザイン。(この日は特別なシャンパンが用意されていました。)

食事・お酒

ご存知の方も多いと思いますが、JALサクララウンジの名物と言えばカレー。
そのカレーや軽食などの通常メニューはもちろんありますが、ここでは通常メニュー以外を取り上げます(^^♪

黒豚入りシューマイ、ブルーチーズのペンネやタンドリーチキンなど。
通常のラウンジにはないちょっとグレードが高いメニュー。どれも美味しかった!

カレーやお酒を散々飲み食いしたので、それぞれ1個ずつ取ってみました。

お寿司も通常の巻き寿司でなく、まぐろの手毬寿司と焼鯖押し寿司。

「スープストック」のオマール海老のビスクがありました。これも美味しかった。

デザートは下記の様なケーキやもちろんフルーツもありました。

このラウンジは”スパークリングワイン”でなく”シャンパン“常備。
ダイニングとラウンジエリア全てに置かれた「ダミアン・ユーゴ」は8,000円くらいする銘柄。

洋酒・リキュールも高級な「ボウモア18年」など。アイラ好きには堪らない☺

「ボウモア18年」はぺリエでハイボールに。

この日一番テンションが上がったのは、バーラウンジにあったシャンパン「ローラン・ペリエ・シエクル」。この銘柄はなんと20,000円くらいする(;^ω^)。
恐らくクリスマス時期の特別シャンパンと思われる。

通常の「ローラン・ペリエ」が常備されているだけでも十分嬉しい。

最後に

この「サクララウンジ スカイビュー」は本館サクララウンジの改装終了後もビジネスクラスに開放されるのか不明。利用資格の改定もあるかも知れないので使うなら今のうち!!

JAL 日本航空 国際線航空券

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です